ロゴ

心地よく住み続けるために!屋根塗装で家を守ろう

HOME>レポート>屋根塗装をしないと雨漏りする|春になったら検討しよう

屋根塗装をしないと雨漏りする|春になったら検討しよう

工具

屋根塗装をしないと起こるトラブル

屋根には寿命があり、10年を経過したころから注意する必要があります。これは主に塗料の耐久性によるものなのですが、1年中紫外線や雨などにさらされているために塗料が劣化してしまうのです。屋根の塗料が劣化することによって起こるリスクは、まず見た目が悪くなります。明らかに色合いが淡くなり、剥げだすところも出てきます。また、防水効果が下がるので雨漏りが発生するリスクが高くなります。雨漏りは建物全体に大きなダメージを与えてしまうので要注意です。また屋根の材質によってはサビなども発生し、一段と劣化が激しくなることでしょう。このようになる前に、屋根塗装を見直す必要があります。八尾には評判の良い塗装屋さんがあるので相談してみると良いでしょう。最新塗料は非常にクォリティが高いのでおすすめです。

ウーマン

屋根塗装を依頼する時期とは

八尾に塗装屋さんに屋根塗装を依頼する時期として良い時期あるいは悪い時期があるのでしょうか。塗料の乾きは夏のほうが早く冬は逆に長くかかってしまうので、一般的には冬よりも夏のほうが作業もしやすくなります。特に降雪地帯では雪が積もっている状態では屋根塗装を行うことができません。しかし、夏が良いのかというと単純にそうとも言いきれません。というのは真夏の炎天下の下での作業だと塗料の揮発が激しくなってしまうので、そのための調整が必要になってしまうからです。また雨の時期も塗装は難しくなります。急いでいないのなら4、5月の春がベストで、次に9月、10月の秋の季節が良いでしょう。ただ職人さんはどのような状況でも最善の作業を行ってくれますので、急を要する状況であればすぐに相談することをおすすめします。