ロゴ

外壁塗装は必要なの?メンテナンスをすればするほど家が長持ち

年数が経てば外壁も劣化する

住宅や店舗など、建物は建てた当初はどこも悪いところもなく、綺麗です。しかし、10年、20年・・・となるにつれてどんどん老朽化が進んでくるでしょう。特に、外壁は雨風の影響を常に受けていて、汚れやヒビなどがあるととても目立ちます。

新着情報

外壁塗装が必要なワケ

外壁塗装をすることでどんなメリットがあるかというと、汚れなどがなくなり綺麗な状態になります。また、雨水などの侵入を防ぎ、住宅を外から守るということがあげられるでしょう。外壁塗装をすれば、建物を強くし長らく住み続けられるようになるのです。

建物を長持ちさせるために必要なコト

家

屋根の点検と修理は重要

外壁の3倍のスピードで劣化が進むとされているところは、「屋根」です。強い太陽光や雨などに年中打たれ続けているため、劣化スピードはとても速いです。ですから、劣化が進み続ける前に屋根修理も検討しておきましょう。

Read More..

外壁塗装で家が蘇る!業者に任せて見違えるくらい綺麗に

刷毛

業者に塗装を任せる

外壁塗装は、自分でもすることができます。しかし、ムラが出たり、高いところの作業も多いため非常に危険です。ですから、手間をかけずに安全を優先するためにも業者に任せましょう。業者は、その道のプロです。安全性を考えつつ、スピーディーに作業を進めてくれるため、納得した仕上がりが期待できます。

男の人と女の人

メンテナンス時期と費用

業者に外壁塗装を依頼するにしても、どのタイミングですればいいかわからない方は多いです。基本的に、10年が外壁塗装の寿命だとされています。ですから、家を建てて10年ぐらいになったらメンテナンス時期だと思っていいでしょう。また、気になる費用相場は、30坪で平均約60万以上です。もちろん、業者によっても状況や依頼内容によっても変わります。そして、もし屋根塗装を一緒にしたいときはさらに高くなるので、覚えておきましょう。

ローラー

塗装の種類により異なる

塗り替えは10年をめどにしていくといいですが、せっかく高い費用を出して外壁塗装をするなら耐用年数が長い方がいいでしょう。実は、外壁塗装に使われる塗料によって年数が違います。アクリル塗装が一番短く5~6年前後、逆にフッ素塗装や遮熱塗装が長くて20年です。費用はその分高くなるのはしょうがないですが、高いだけあって建物を守る力は強いです。

ウーマン

保証内容に注目して依頼

専門業者に外壁塗装を任せる場合、実績や評判を確認するでしょう。しかし、これだけではまだ不安要素が残るので、施工後も満足できるよう保証が受けられる業者に依頼するといいです。塗料の耐用年数に合わせて7~10年ぐらいを保証期間と定めているところが多くあります。もちろん、それ以上長いところもあるでしょう。そして、期間の他に忘れてはならないのが保証対象となる具体的な内容。塗装が剥がれてしまった、色が変わっているといった内容でも保証してくれるときと、そうでないときがあります。後で、聞いていなかったでは悲しいので、依頼前の段階でよく確認をしておくべきでしょう。